〒663-8005 兵庫県西宮市下大市西町1−27
ニュー門戸ビル 1階

0798-61-2174

コラム|門戸厄神駅で歯科をお探しの方はおの歯科医院まで

top > コラム

【インプラント】CT検査で何がわかる?歯科医が「インプラント治療でCTが最も重要」と言う理由

こんにちは。
西宮の「おの歯科医院」です。
 
インプラント治療を行う際に、ほとんどの歯医者では事前にCTの検査をします。
しかし、中には「何のための検査なのかよくわからない」と感じている方もいるのではないでしょうか。
 
じつは、CT撮影はインプラント治療を行う多くの歯医者が「治療過程のなかで最も重要」と言っているのです。
 
 

十数秒でお口の状態が把握できる

歯科用のCTの撮影にかかる時間はほとんどの場合十数秒で終了します
この数十秒の間に、歯や顎の骨、神経や血管の位置のほかに、骨の厚み、大きさ、柔らかさを測定してインプラント手術を行う前に必要な情報を確保できるのです。
 
3Dで撮影を行うので立体的にお口の状態の把握ができ、短時間で終了するため患者さまの負担も少なく検査が可能です。
撮影で得た情報をもとに、コンピューター上で手術のシミュレーションを行います。
 
 

CTの情報をもとに手術計画を立案する

精密さが求められるインプラント治療では、事前にお口の状態を把握しておくことが大切になります。
 
CTを使わずに治療をした場合、歯肉の切開範囲が広くなって出血が多くなったり、インプラントの埋入がうまくいかずにずれてしまったりというトラブルが起こる可能性も。
 
CTで事前に血管の位置や骨の厚さを精密に把握することで、お口の状態に合わせた治療計画の立案がしやすくなり安全性の高い状態で治療を行えるようになります
 
 

安全で正確な治療のためにCT検査が重要

インプラント治療は、手術だけでなくCT検査による事前のシミュレーションがとても重要になります。
 
近年歯科用CTを導入する歯医者は増えてきていますが、すべての医院で導入されているわけではありません。
 
また、身体の状態によってはCT検査が受けられないこともあります。
 
 
当院では、CTやガイドシステムを導入して皆さまに安全性の高い治療を提供できるように努めております。
 
安全性の高いインプラント治療に興味を持った方は、気軽に西宮のおの歯科医院にご相談ください。
 

設備紹介ページへ >